トップページ > 勧誘方針について

勧誘方針について

勧誘方針

顧客尊重
お客様の人格を尊重し、契約者平等の原則にしたがい、公明正大に営業活動を行います。常にお客様の立場に立ち、生命保険商品を販売するに際しては、お客様一人一人の二一ズに合わせたオーダーメイドによるコンサルティングセールスを、また生命保険・損害保険契約締結後においては、お客様の生涯にわたるコンサルティングフォローを実施します。あわせて、会社が定めた取扱方法に則り常に厳正かつ適正な取扱を実施するとともに、金融のプロフェッショナルとして、知識向上のため日々研鎖に励みます。
 
面接・本人確認
保険契約者や被保険者の本人確認をするとともに、被保険者の同意は確実に得るものとします。また、保険契約者等からの申し出が本人の真意に基づくものであるかについても確認します。

第一次選択
生命保険・損害保険募集人には第一次危険選択を行う職責があることを自覚し、会社の定める「取扱要領」に従い、保険契約者および被保険者に質問することなどにより、知り得た情報は正確に報告します。
顧客データの取り扱い
お客様のプライバシーを保護し、お客様データは業務遂行に必要な範囲内で収集し使用するとともに、適正な管理を行い、お客様の秘密を保持します。
 
正しい告知
お客様には、告知義務があること、またこの義務に違反したときは生命保険契約が解除されることを説明し、漏れなく正しい告知が得られるように努めます。お客様に対し告知妨害をしたり、不告知や不実告知を勧めたりしません。
適切な勧誘
お客様の業務や生活の平穏を害するような時間帯に訪間したり電話をするなど、お客様を威迫したり困惑させません。お客様へ訪問の電話をする時間帯は、お客様との約束があるかまたは正当な理由がない限り、午前8時から午後9時までとします。
 
保全業務の処理
お客様からの連絡や要望事項については、迅速かつ適切に処理することとし、放置・失念したりしません。

保険料の取り扱い
公金たる保険料と私金とは厳格に区別して取扱います。またお客様に対し、保険料の割引、割戻し、立替その他特別利益の提供をしません。
リスク説明の原則
変額保険や変額年金などのお客様がリスクを負っている商品を販売するにあたっては、お客様の投資自的、投資経験・知識および財産状況に照らして適当と認められる勧誘を行います。
 
お支払い
保険事故が発生した際、保険金や給付金の支払の可否や金額等について、お客様に誤解を与えるような発言はしません。
適切な説明義務
お客様に対し、生命保険・損害保険商品、クーリング・オフ制度、信用リスクおよび市場リスクなどの重要事項や商品特性など「ご契約のしおり」に記載された事項はもれなく説明し、的確かつ十分な情報を提供します。また、変換、払済保険や延長保険など契約内容を変更する際は、お客様の二一ズを第一とし、変更に伴って失うこととなるお客様の権利やお客様にとって不利益となる事項も説明します。
 
顧客との適切な関係
お客様に対し合理的な生命保険・損害保険と質の高いサービスを提供することに専念し、お客様とは適正な関係を保ちます。また、お客様から寄せられている信頼や各保険会社の信用を利用するなどして、お客様の信頼や厚意を裏切ることはしません。
誤認防止
生命保険・損害保険商品を投資信託やその他の金融商品、あるいは第三者が提供した商品・サービスとの混同・誤解を招くことがないよう、明確に区別して取扱います。

募集資料の取り扱い
募集資料は、保険会社の定める「募集資料作成ガイドライン」に従ったもののみを使用し、未登録の募集資料は使用しません。
 
投資信託に関る説明
投資信託の販売にあたっては、お客様に対し、誠実かつ公正にその義務を遂行するとともに、適合性原則に則った上で自己責任原則が適用されるに十分な説明義務を尽くし、証券市場の健全性の確保および投資者保護の観点から投資勧誘を行います。