トップページ > 相談メニュー > ケガ・病気に関する保険【病気】

相談メニュー

病気

(1)保障はいつまで必要なのでしょう?

入院時の自己負担額についてご存知ですか?

年齢ともに高まる入院の不安…
病気やケガのリスクは年々上昇します。

年齢階級別入院受療率(10万対)
表-年齢階級別入院受療率(10万対)
(厚生労働省「平成23年 患者調査」)
 
一生涯の保障が必要です!

入院の不安は年齢とともに高まります。病気、ケガのリスクは年々上昇するのです。また、医療技術の向上にともない、日本人は世界でも有数の長寿民族となっています。お仕事の現役、ご勇退後を問わず、人生を楽しむためには一生涯の保障が必要です。

(2)一回の入院はどのくらいの日数がかかるのでしょう?

ケガや病気による入院の39%以上が5日以内の短期入院です。しかしながら、ケガ、病気の種類によっては当然10日、20日といった長い入院も必要とされます。一泊の入院から保障される安心感が必要とされるのではないでしょうか。

表-年齢階級別入院受療率(10万対)

医療保険はなんのために?

突然の入院、ご家族の不安は患者様のお体のことだけではありません。医療技術の向上、高齢化社会の促進、日本の医療環境は日々よい方向へ向かっています。十分な備えがあれば健康を取り戻される方が増えています。経済的、また、心の安心を得て、治療に専念していただくために医療保険は必要なのです。

医療保険は各保険会社によって保障内容・保険料が様々です。

詳しくは当店のスタッフにお気軽にご相談ください


お気軽にご相談ください 無料相談のお申し込みはこちら